言葉のちから

とあるスーパーの一角になんと…

 

そうこれも一つの世界

 

「キムチワールド」なんてものが!

 

ごく普通の売り場の一部。

キムチを買いに来たわけではないので

素通りしかけて二度見したのは、

一つの世界でした。

 

「コーナー」とかじゃないんだ?

 

と、可笑しく思ってしまったけど、

テーマパークに来たみたいなワクワク感が

心の隅っこで沸き上がって、なんとも楽しい瞬間でした。

 

きっと、この場所をととのえた人は、
キムチが好きなんだろうなぁ。

 

伝わってくるもの、確かに受け取りました。

 

たった一語がなんでもない場所をシュールに、
かつ宝物庫みたいにきらきらした場所に見せてくれる、
そんな言葉のちからを感じた瞬間でした。

 

 

投稿者プロフィール

中根春奈
中根春奈
誠実さと敬意をもって、知ること、考えることを大切にしています。

コメントはお気軽にどうぞ

次の記事

知ろうとしてみる